アメリカ人と国際結婚したら戸籍の名前変更する?しない?【結論:しなくてOK】

 

国際結婚後に、日本で、アメリカで、どちらの姓(ラストネーム)を名乗るかで迷いますよね?

 

私は、日本では日本の姓、アメリカでは主人のラストネームを使っています。

 

たとえ、日本の戸籍上のラストネームを変えていなくても、アメリカで、外国人配偶者のラストネームを名乗って生活することになんの問題もありません。

また、アメリカで仕事上、結婚前の日本の名前を使って働いても問題なしです。

 

国際結婚後に名前を変更する?しない?

私の経験から、【しなくてよし】です。

 

人それぞれ、いろんなケースがありますので今回の記事も参考程度に読んでいってくださいね。

 

 

国際結婚すると戸籍の姓(ラストネーム)はどうなるの?

 

国際結婚後の日本の戸籍の姓(ラストネーム)は、

希望して変更しない限り、あなたの戸籍の姓(ラストネーム)は変わりません

 

国際結婚後は、親の戸籍から抜けて、あなた自身が「筆頭者」となる戸籍が作られます。

姓(ラストネーム)は、あなた自身が希望し、変更届を提出しない限り変わることはありません。

 

外国人のご主人は戸籍がありませんので、あなたの戸籍には入ることができません。

戸籍上には、あなたの戸籍に外国人の方との婚姻の事実(氏名・生年月日・国籍・婚姻日など)のみが記載されます。

 

もし、結婚後に考えが変わって相手の方の姓に変更したい場合は、婚姻の日から6ヶ月以内なら「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出すれば可能です。

6ヶ月を超えて変更届を提出する場合は、受け付けてもらえません。

その場合は、日本国内の家庭裁判所で許可を得る必要があります。

 

ちなみに、日本ではミドルネームをつけることはできません

戸籍の姓を変更するかどうかは、婚姻届を提出する前からよく考えておくことをオススメします。

結婚後、相手の国へ移住したり、移住先での手続き関係があったりと案外忙しくて時間があっという間に過ぎていきますよ。

 

 

 

婚姻届は国際結婚後、何日以内に提出しなければならないの?

 

あなた(日本人)と相手(外国人)がアメリカで結婚した場合、婚姻届は、アメリカで結婚が成立した日から3ヶ月以内に提出しなければなりません。

参照:在米アメリカ合衆国大使館・領事館【婚姻届 届け出先と方法】

 

もし期限を過ぎてしまった場合でも、「遅延理由書」を一緒に提出すれば大丈夫です!

結婚後、3ヶ月ってあっという間に過ぎてしまいますので、なるべく早く提出しましょう。

 

婚姻届や、どんな書類が必要なのかは、移住先の国の最寄りの総領事館ホームページや、在アメリカ合衆国大使館・領事館のホームページから確認できます。

常に、最新の情報を入手するようにしましょう。

 

 

 

アメリカ人と国際結婚後も戸籍の姓を変えない方がいい理由

 

理由その1:日本の身分証明書や銀行関係などの名前変更が面倒である

 

一番の大きな理由はこれです。

 

戸籍上の姓に変更がなければ、外国人の相手と結婚後も、あなたが所有している日本の身分証明書(運転免許証やパスポートなど)や銀行口座などは継続して使用することが可能です。

 

あなたの戸籍上の姓を、外国人の配偶者の姓(ラストネーム)に変更すると、上にあげたような身分証明書や銀行口座の名前などもすべて変更しなければならなくなります。

 

そんなの、とにかく面倒!(⇐すみません、ズボラなもので)

 

私の場合、国際結婚後も戸籍の姓は変更していないので、すべて結婚前の姓で日本の身分証明書や銀行口座はそのまま使用しています。(もちろん、身分証明書などの更新は必要ですよ!)

 

 

理由その2:アメリカでは外国人配偶者の姓(ラストネーム)を使って生活できる

 

アメリカで結婚する場合、まず結婚許可証(Marriage License)を取得します。

その際、申請用紙への名前の記入は、外国人配偶者の姓(ラストネーム)を記入するとよいでしょう。

また、ミドルネームに戸籍上の姓を入れることも可能です。

(例:Hanako(名前)・Takahashi(ミドルネーム)・Smith(ラストネーム))

 

 

アメリカ移住後、グリーンカードや運転免許証、ステートIDなどいろんな身分証明書を取得することもあるかと思います。

アメリカで、あなたの身分を証明する証明書や政府関係に提出する書類などは、マリッジライセンスの申請書に記載した正確な名前で登録することをおすすめします。(ミドルネームも含め)

その方が、何らかの理由であとで変更や更新しなくて済みますよ!

 

 

日本のパスポートに外国人配偶者のラストネームを記載する?

 

結論、

記載しなくても大丈夫です。

 

日本のパスポートには、基本、日本の戸籍に記載のある名前が使用されます。

 

私もパスポートの名前は、日本の名前のままです。

ただ、私のグリーンカードには主人のラストネームで記載があります。

アメリカの入国審査で、「あれ?グリーンカードとパスポートの名前と違うんじゃない?」って思われそうですよね。

入国審査って、何もなくてもドキドキするのに突っ込んだ質問とかされたくない・・・(汗)

 

 

なので、一応、私のパスポートにも、主人のラストネームがありますよーと分かりやすいように、「別姓表記」をお願いしました。

こちらは、婚姻届を提出後にお住まいの最寄りの日本領事館に申請すれば可能です。

 

 

私は後から気付きましたが、このパスポートへの「別姓表記」は必ずしも必要ではないと思います。

アメリカの入国審査のときに、ちゃんと説明できれば大丈夫です。(結婚しましたって)

日本へ里帰りのための飛行機のチケットを取得する時にも、要は、パスポートの名前と航空券に記載される名前が一致していれば問題はありません。

私は、パスポートに「別姓表記」があるからといって、チケットを買う際に主人のラストネームで予約したことはありません。

 

 

まとめ:国際結婚後の名前の変更

 

いかがでしたか?

国際結婚後の名前の変更について、私の経験をもとにシェアしてみました。

 

私の場合、結婚しても日本の戸籍上の名前は変更しなかったわけですが、これでよかったと思っています。

 

渡米のビザ申請、引っ越しの準備、渡米後の結婚式の計画、日本の家族や友人への挨拶、役所への提出書類、年金の手続きなどなど・・・。もう本当にめまぐるしくあっという間に時間が過ぎていきます。

そんな中で、もし名前を変更していたらさらに大変なことになっていただろうと思います。

きっと、キャパオーバーになって一人でテンパっていたかも(笑)

 

名前の変更も場合によっては、結婚後に日本に住むのか、外国に住むのかで人それぞれ選択肢が変わってくるかと思います。

 

慌てなくてもいいように、アメリカへの渡米ビザを申請中など時間のある時に、じっくり考えておくといいですよ!

 

\時間がある時に、読んでおくと参考になるよ!/

関連記事

  [word_balloon id="unset" src="https://ohanaloha.org/wp-content/uploads/2020/10/落ち込む人.png" size="M" positio[…]

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!