【必読!】ハワイで国際結婚するってこういうこと【現実です】

 

国際結婚

こんにちは、ひーさんです。

 

多くの日本人女性が、ハワイで結婚して暮らしたいと思っています。そうするためにはハワイに住んでいる人と結婚してしまうのが一番の近道であるのは事実。幸せな国際結婚をするにはどうすればいいのか、悩んでいる方もいらっしゃるのでは?

・ハワイの人と国際結婚するにはどうしたらいいの?
・でも、どこで相手との出会いがあるのか分からない
・実際に国際結婚の現実ってどうなのかな?

そんな疑問にお答えします。

 

この記事からは、

・ハワイの男性と出会うには、どんな方法があるのか。
・ハワイで結婚後は実際にどんな生活が始まるのか。

などが分かります。

 

私自身、36歳でハワイの男性と国際結婚し9年目になりました。主人は、韓国生まれハワイ育ちの男性です。

日本にいた頃は、この先一生独身なんじゃないかと不安になることもありましたが、現在は優しい男性と幸せに暮らしております。

 

 

ハワイの男性と出会うためにはどうすればいいのか

方法その1ハワイに住んでいる知り合いに紹介してもらう(推奨)

 

これはもう、友人知人に紹介してもらうことによって、すでに相手の男性の素性が知れており安心できるから

ですね。

 

私自身、主人と知り合ったのがこのパターンです。

当時、ハワイの会社で働いていた友人を訪ねてハワイに行った際に、友人を含めて一緒にランチに行った中にいたのが主人でした。

私の場合、もともと紹介が目的ではなく知り合った形ですが、相手男性の周囲にいる人も知ることができておすすめです

 

 

方法その2:学生としてハワイに滞在している間に誰かと出会う

 

この方法も、現地に既にいるので相手とも会いやすく、かつ英語の勉強もできるので一石二鳥の方法です。

ですが、ハワイには勉強が目的で来ていることをお忘れなく。

 

ハワイには、学生として滞在している間に偶然出会い、恋人が見つかりそのまま結婚というカップルが本当に多いです。

学生として滞在しているので、時間もあることから現地にしっかり足をつけて相手を探すことができる方法です。

ただ、学生ビザは5年という期限がありますので勉強しながらもお相手探しは真剣に行ってください。

なかには、恋人探しより学校での友達との付き合いの方が楽しくて、何年ハワイにいても一人の彼氏も見つけることができなかった女性もいました。

 

 

方法その3:オンラインデートサイトに登録する(マッチドットコムなど)

 

アメリカでは、オンラインデートサイトを使って知り合うことはよくあります。幅広い職種の人が登録していますので、選択肢の幅は広がるかと思います。

 

手っ取り早く、相手を探してコンタクトを取ることができるのがこの方法です。

知り合っても会う会わないは別として、メールやテキストなどで相手をゆっくり知る期間ができます。

ただ、知り合ってすぐに会おうとする、甘い言葉ばかり言う男性は危険ですので気をつけてください!

 

 

どんな出会いの方法でも、初めは常に警戒心を持って相手に接してください

 

 

 

【現実!】ハワイでの国際結婚生活ってどうなの?

現実その1:ぶっちゃけ家族付き合いが多い

ハワイ語で「OHANA:オハナ(家族)」という言葉がありますが、ハワイの人達は本当に"家族”を大切にします

 

家庭によってもそれぞれ違うかとは思いますが、私の主人の家族は、義両親または兄弟姉妹に二週間に一度、多い時で週に一度は家族の誰かと会います。

 

ランチやディナーに行くことが多いですね。誕生日や母の日などのイベントの時は、当日じゃなくても必ず集合がかけられます(笑)

 

ハワイは他人でも何かしら関わりのある人、年上の男性をアンクル○○(名前)、女性をアンティー○○と呼び、大切にする風習があります。家族付き合いとか面倒だから日本から出たいのに!と思う方には厳しいかもしれません。

 

現実その2:ハワイではすべてがスローなので慣れることが必要

 

役所の仕事、折り返しの電話、オーダーした家電の配達、家の中の修理依頼など、とにかくすべてがスローです

 

上記に挙げた例に限らず、日本のように時間ピッタリに何かをしてくれることはまれです。その上、あなたの思っている通りに確実な仕事をしてくれるわけでもありません。

これに、いちいちイライラしていたのではハワイでの生活はストレスだらけのものになるでしょう。

とにかく、ハワイでの生活はこれに慣れてしまうことが一番かと思います。

ストレスが溜まってきたなと思ったら、ビーチでも行って海を眺めましょう!

 

 

現実その3:夫婦共働きがあたりまえ

 

ハワイ州は低収入で物価高といわれています。よっぽど稼いでいるご主人でもない限りは、夫婦で働かなければなりません。

 

ハワイは島なゆえ、すべての品物が輸送されてきます。ですので食料にしろ、レストランでの食事にしろすべてが割高といってもいいでしょう。

また、便利なエリア(ワイキキやその周辺)の家賃ははねあがります。

そして、ノマドワークでもできる人は別として、ずっと家で旦那さんを待っているだけの生活がハワイでは退屈になります。

自分の小遣いくらいは自分で稼げるようになりましょう!

 

 

ここに挙げた現実は、ほんの一例にすぎません。また、家庭によってもそれぞれ違ってくるかと思います。
日本で日本の男性と結婚しても、同じような結婚生活の悩みだったり不満があったりしますよね。ただ、忘れないでほしいのは「あなた自身を見失わないで」ということ。

 

 

まとめ:ハワイで国際結婚するって覚悟が必要

 

ハワイで暮らせたらどんなにいいだろうと、理想ばかりが先走りしがちですが、実際にハワイに来て生活してみると大変なことも多いです。

私もはじめは国際結婚するのに両親の反対にもあいましたし、なにより親姉妹に何かあったときにすぐには会いに行くことができないという「覚悟」が必要でした。

 

また、英語が流暢ではなく自分で役所関係などの手続きもままならない時など自分にふがいなさを感じることもあります。

 

ハワイの男性は、日系の方もたくさんいますがすべての人が日本語を話せるわけではありません。もし、お相手が英語圏の方で日本語がペラペラでもない限り、普段の生活は英語のみになります。どんな方法でも、今から英語の勉強を始めておくことをおすすめします。

そして、なにより大切なのが自立した女性になることかなと。

 

彼との恋愛を結婚へと発展させるためにも、素直で素敵な女性を目指しましょ!

 

 

厳しいことも言いましたが、少しでもハワイで国際結婚を考えている方のお役に立てたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

最新情報をチェックしよう!