30年以上肌荒れに悩んだ末に私が改善した5つの方法【ニキビ肌】

 

こんにちは、ひーさんです。

 

私は40歳を超えても、まだでき続けるニキビに悩んでいました。

ハワイに移住してから、生活環境が変わったからか、さらにニキビがひどくなり鏡を見てはストレスを感じる毎日・・・。

ニキビ肌だけでなく、まるで油田のような肌質もあり、寝起きなんて肌はテッカテカ(笑)

 

そんなこんなで、やっとニキビのない肌を手に入れた方法をご紹介します!

 

 

肌荒れに悩んだ末に解決した方法

若い頃ならまだしも、40歳を越えても治らない肌荒れ(ニキビ肌)にうんざりしますよね。

でも、必ず肌はよくなっていきますので頑張りましょう。

 

結論からいうと、以下が私のニキビ肌が改善した方法です。

① 更年期用のサプリメントを飲んでみる
② スキンケアは3ステップか4ステップにおさえる
③ 外出しない休日の日でも、軽くてもいいので化粧をする
④ オイル成分配合&アルコール配合のスキンケア商品は使わない(特にニキビ肌さん)
⑤ できるだでストレスはためない
多いと感じる方、少ないと感じる方、さまざまかもしれません。
一つずつ説明しますね!

 

①更年期用のサプリメントを飲んでみる

やはり40歳以上ともなってくる、なんらかの更年期症状と言われる症状が見え隠れ・・・。

 

悲しいかな、現実よね・・・(涙)

 

その症状は人それぞれだと思いますが、私も含め「ホルモンバランスの崩れ」が起こっているかもしれません。

私の場合は、ハワイ移住後に今まで出たことがなかった”あご”にニキビが出来始め、何かおかしいと思っていままで目を背けていた更年期用のサプリメントを飲み始めました。

また、腸内環境を整えてみると肌荒れが改善することもありますよ。

 

今でも飲み続けているのが、小林製薬の【命の母A】です。肌荒れだけでなく、自分でもたいしたことないと思っているような症状も、ひょっとしたら更年期の症状かもしれません。

 

 

②スキンケアは3ステップか4ステップにおさえる

肌荒れ、特にニキビ肌でお悩みの方はスキンケアをやりすぎないようにしてみましょう。

ちまたでは高価でよく効くといわれるスキンケア商品でも、あなたの肌には合っていないのかもしれません。

 

現代はSNS上で情報があふれており、いったいどれが本当にいいのかわからないですよね。

 

そんな時の選ぶ基準にしてほしいのが、使っていて肌に刺激がないニキビが増えないものを選ぶというもの。一見、肌になんの変化もないので、つまらなく感じるかもしれませんが、使っていて”ニキビが増えない”ということは肌を悪化させていないということです。

 

スキンケアの際に、ほっぺたが手のひらにペタペタなるほど何度も何度も塗り重ねて、さわり続けていませんか?

それ、きっと肌にとってはストレスです。

 

 

③外出しない休日の日も、軽く化粧をする

えーーーっつ!?ニキビ肌はできるだけ素肌でいる方がいいんじゃないの?

 

それがですね、そんなこともないんです。乾燥性のニキビ肌の方も油田のようなオイリー肌の方も、外からの刺激から肌を守るためにも軽く化粧をしておくことをお勧めします。

 

ただ、ニキビ肌の方にはあまりリキッドファンデーションはおすすめしません。軽く化粧というと、BBクリームやCCクリームを選びがちですが、たいていオイル成分が入っている商品が多いのでつけていても後々べたついてきます。

また崩れやすいこともあって、それが気になって何度も肌を触ったりしてしまう原因です。さらに、ノーメイク肌の油分が酸化し、炎症を起こす原因にもなります。

 

できれば、オイルフリーのパウダーファンデーションがおすすめです。ちなみに私は、Bobbi Borownのパウダーファンデーションを使っています。コレ、Made in JAPANだってご存知でした?私はハワイで購入して初めて知りました(笑)

 

 

④オイル成分配合&アルコール配合のスキンケア商品は使わない(特にニキビ肌さん)

ニキビ肌にとって、やはりこの「オイル」と「アルコール」は永遠の敵です(笑)

 

「オイル成分」に関しては、つけ過ぎず、化粧水の後に軽く乾燥を防ぐ程度にとどめておくといいですよ。

「アルコール成分」は、肌をサッパリとはしてくれるのですが、40歳以上のニキビ肌さんは避けたいところ。

 

そして、オイルクレンジングやバームクレンジングをやめたとたん、ニキビが減り始めました。現在も使い続けているメイク落としは、ビオデルマサンシビオH2Oを使っています。

あと、香料が肌荒れを起こす原因にもなりやすいので気をつけてみてね!

 

 

⑤できるだでストレスはためない

やっぱり、心やカラダで感じてしまうものはお肌にも現れやすいです。

 

ニキビ肌であること自体がストレスの原因でもありますが、今、あなた自身に何か不安や心配事があったりしませんか?

私はハワイに来てから、「働きに行かなくちゃ!でも英語が不安・・・」といった心配がずーっとあり、家にいても自分と葛藤する毎日でした。そんな事も、肌荒れを悪化させた原因だったのかもしれません。

 

とはいえ、ストレスを解消するってなかなか簡単ではないかもしれません。やらなくちゃ!頑張らなくちゃ!って思い、無理してでも行ってしまっていることを、ちょっとサボってみませんか?

 

 

肌荒れがなかなか改善しなくても、あなたの笑顔は素敵!

 

あなたのお肌はちょっとずつ、必ずきれいになっていきます。5つのこと、全部できなくてもぜんぜんオッケー!

 

お恥ずかしいながら、肌荒れがひどかった頃は主人への八つ当たりが多かった(笑)

肌にとても赤みがあった時は、なんだか主人への言葉もキツかったように思います。

幸い、主人は私の肌がどれだけ荒れていようが、「肌荒れ、ひどいね」とは一度も言わなかった優しい人です(←のろけか?)

それとも、私に言い返されるのが怖かっただけでしょうか・・・?(笑)

 

 

たとえニキビがあろうとも、あなたの笑顔は最高に素敵です。たくさん笑顔を作って、毎日を過ごしましょ!

 

今回の記事が、40歳を越えてもニキビ肌でお悩みの方へ少しでも参考になれば幸いです。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!