数量限定!田中みな実のようなマシュマロおしりが手に入るガードル

 

こんにちは!

 

今日は、きれいなお尻をつくるために一枚は持っていたいガードルのご紹介です!

 

今や女性からも絶大な人気となった、『田中みな実』さん。

フリーアナウンサー・女優・美容家などの華麗な肩書を持ち、彼女が使うアイテムは常に売り切れとなってしまうほど。

 

 

そんな、人気の田中みな実さんとピーチジョンがコラボして、数量限定でガードルが販売されるそう!

 

発売日は10月20日の予定ですが、すでに予約だけで申し込みが殺到しているんだとか。

Yahoo!ニュース

 フリーアナウンサーの田中みな実さんのムック「田中みな実×PEACH JOHNファーストガードルBOOK」(講談社)が、…

 

 

40代半ばにさしかかった筆者。なかなか自分では見えないおしりはノーマークで垂れ気味(笑)

これではいかんと、田中みな実ファンである私はさっそくポチりましたとさ。

 

 

なれるものなら「田中みな実」!を目標に、できることから取り入れたい女心。

”私も目指せ田中みな実!”という方は、売り切れる前に早めに予約しておきましょう。

 

\⇩田中みな実のような美尻を目指す方に⇩/

田中みな実×PEACHJHONファーストガードルBOOK



 

 

田中みな実のおしりはガードルでつくれる

 

「胸にブラジャーはするのに、おしりには何もしないの?」

30代となった田中みな実さんの価値観を変えたのは、ガードルだったそう。

 

 

 

確かに、多くの女性が胸に関してケアに時間をかけますが、おしりについては見てみぬフリをしがち。

しかし、身体に年齢があらわれやすいのって実は後ろ姿なんですよね。

 

 

胸は垂れてこないようにブラをするのに、おしりはノーケアだったわ。

 

 

年齢とともにおしりも垂れてくるのに、どうして今まで何もしてこなかったんだろう?

本当なら、自分の目では見えない部分だからこそ、もっと気をつかうべきだったのに・・・。

 

私も、ガードルってあの締めつけ感がイヤで、あまり使ったことがありませんでした。

でも、キツイことと補正とはまた違うんですよね。

 

 

ミエをはって、小さめのサイズを選んでしまうからキツく感じて続かなくなってしまう。

ほどよいキツさは、骨盤を安定させてくれるし、おしりのお肉もキュッと上げた状態を保ってくれる。

おしり下の摩擦によるザラつき、ニキビ、黒ずみなどを逆に防いでくれるものだと気づきました。

 

キュッと上がったおしりは、ジーンズにもスカートでもスタイルよく見せてくれます。

 

 

田中みな実さんは、あの美尻をガードルとトレーニングで手に入れたんだそう。

 

「やっぱり、何もせずにあの美尻は手に入らないわよね・・・」って落ち込んでしまってませんか?

それなら、まずは毎日の生活にガードルを取り入れてみましょう!

 

\⇩人気殺到の田中みな実初プロデュースのガードル⇩/

ガードルは、S・M・Lサイズがあり、サイズによっては売り切れが早い可能性があります。
「1冊丸ごとおしりBOOK」が付いており、ガードルについての疑問や悩みなど、おしりについて詳しく解説されています。

 

 

 

あとは、スキマ時間にできる宅トレで、少しずつ田中みな実の美尻をつくっていきましょう。

 

 

 

 

徹底的な保湿からできる田中みな実のプルプル肌

 

田中みな実さんといえば、20代・30代の女性ファンも多い。

 

女性が色気っぽいことを全面に出していると、嫌われてしまうことがよくある。

彼女はよく、「あざとい」などと言われることもあるけれど、キリッとしすぎていないあの気さくそうな笑顔が、どこか和ませてくれる雰囲気を持っている。

 

 

誰でも、自分も頑張れば彼女に近づけるんじゃないか?と、思わせてくれる。

いい意味で、”パーフェクト”じゃない魅力があるんだと思う。

 

 

彼女はSNSなどでも、『保湿命』であることをよくおっしゃっています。

それゆえ、雑誌やインスタグラムなどでも愛用のボディケア商品などもおしみなく紹介。

 

高価なものから気軽に手に入るものまでありますが、やっぱり素敵な人は日々努力してるんだな〜って痛感。

 

いくつかピックアップしてご紹介!

 

 

 

 

たっぷりと強い紫外線を浴びたこの夏。

また、これから乾燥する季節になると、さらにお肌の乾燥が気になります。

 

田中みな実さんも愛用するおすすめのボディケア商品、ぜひ使ってみたいですね!

 



 

さいごに

いかがでしたか?

今回は、田中みな実さんプロデュースのガードルと愛用するボディケア商品などをご紹介しました。

 

私もガードルが苦手でしたが、年齢とともに垂れ下がるいっぽうの身体に「何もしない」では何も変わらない。

トレーニングは続けるのが難しくても、せめてブラのようにガードルを毎日つけることで、おしりも持ち上げておこうと決めたのでした(笑)

 

あとは、恥ずかしからずに自分のカラダを褒めてあげることが、もっとキレイを引き出すことができる方法かなと思います。

 

関連記事

  [word_balloon id="unset" src="https://ohanaloha.org/wp-content/uploads/2021/02/悩む女子.png" size="M" position[…]

今日はこのへんで。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!