マックブック

【買ってよかった】MacBook Air2020モデルに買い替えた!【使いやすいよ】

 

こんにちは、ひーさんです。

 

実は先日、ラップトップのパソコンを買い替えました!

以前のパソコンも、まだまだインターネットをしたり、文字を打ったりする分には十分使えていたのです。

 

が、

もう10年選手でしたのでセキュリティも切れてしまっていて、いつデータが飛んでしまうかドキドキしながら使っていました。

ただ自慢じゃないけど私、意外と電化製品とは相性がいいのか、一つ何かを買うとけっこう長く使えることが多いです。

 

Macのパソコン、買おうかどうか迷っている方ぜひゆっくり読んでいってください。

 

 

MacBook Airに買い替える

MacBook Air

 

もともとずっとWindowsを使っていました。

 

Macに変えると色々なボタンの機能が違うということを調べていたので本当に悩みました。

会社でもWindowsを使っています。かなりWindowsに慣れすぎて、本当に使えるのかと心配だったの。

主人にも、「MacBook Airの何が良くて買いたいのか?プレゼンせよ」とか言われるし。

 

若いうちなら、スマホを使うのと同じようにすぐにいろんな機能を覚えられるんでしょうが、とにかく40代も中盤にさしかかってくると「新しいこと・モノ」に慣れるまでが一苦労(笑)

 

ほら、新しいパソコンを買った時って、一から設定が必要だったりするじゃないですか。それも億劫でね。

 

 

なぜMacBook Airに決めたのか

 

答えは簡単。

「見た目のカッコよさ&ピンクゴールドのカラー」

 

単純な理由ですみません。

 

皆さんもきっと見たことがあるでしょう。スタバで、ビジネスマンや学生がカタカタと何かをやっている姿。憧れでした!(⇦告白かよ)

おそらく私は、家の外でこのMacBook Airを使うことはないでしょう。それでもいいんです、完全に見た目重視で選んだ自己満足で(笑)

正規のカラーは【GOLD】と呼ばれますが、見た目は”ピンクゴールド”。これが40半ばの女子の心をくすぐりました。

 

ちなみに、MacBook Airの2020年モデルは下記のサイズとなっています。

名前 MacBook Air(2020年)
画面のサイズ 13.3インチ
縦✖️横✖️厚さ 30.41センチ✖️21.24センチ✖️ 1.61センチ
重量 1.29kg

 

なんといってもこの軽さが、家の中でソファーや台所のテーブルなどどこに持っていっても使いやすい!

 

そして、見た目で選んだのは確かですが、他にも理由がちゃんとあります。

 

 

 

画面が13インチで大き過ぎず使いやすい

Macbook Air 13inch

 

左が10年ほどお世話になったTOSHIBAのラップトップ。画面は確か、17インチくらいです。

大きさの差は歴然ですよね。TOSHIBAのは、画面の大きさもありますがパソコン自体に厚みがあって重量もあります。

買った当初は、この画面の大きさが見やすくて使いやすいと思っていましたが、後々は、パソコンを引っ張り出して使うことも面倒になっていました。

 

それに比べてMacBook Airは、画面を閉じても本当に薄くて片手で持てるほど!外には持ってかないけど、とにかくスタイリッシュ

キーボードもコンパクトにまとまっていて、キーの打つ感覚もいい。

また、Windowsの場合はパソコンにインストールした写真を、わざわざスタートボタンから開いて見ないといけない。

Macの場合は、パソコンのデスクトップ上に必要なファイルが揃っているのですぐに開けることができて手間いらず。

 

Macのパソコンは、ユーザーの手をわずらわせないように出来てるな~って思いました。

 

 

いつかはやっぱり、どこかのカフェにでも行ってブログでも書こうかしらね〜。

 

 

 

IPhoneやApple Watchと同期できる

MacBook Airと同期可能

 

これも、私がMacBook Arirを選んだ大きな理由の一つでした。

ケーブルでパソコンと繋ぐだけで、写真やデータを簡単に同期できるのがよかったところ。ハワイで撮った綺麗な景色の写真や、姪っ子ちゃんの写真が膨大にありますのでブログで使う写真なんかがすぐに取り出しやすい。

 

また、Apple Watchに保存しておいた歩数計のデータを移動させて、パソコンで一覧表に管理できるようになったのが嬉しい。

今までIPoneやApple Watchを使っていながら、なぜパソコンだけはずっとWindowsを使っていたのか自分でも不明です(笑)

 

 

 

MacBook Airのデメリット

ほぼMacBook Airに満足はしているものの、やっぱりコレがちょっと・・・というところはあります。
ただ、Mac本体に関してではありません。パソコン自体には、満足なんです。

 

値段が高い
パソコンを買う際に、MacかWindowsのどちらを買うか迷うこともあるかと思います。
最新モデルでもWindowsの方が安い製品が多いため、Macの値段を見ると本当に高く感じてしまうのです。
ちなみに、MacBook Air2020年モデルは日本正規価格で¥104,800(税別)
アメリカで購入の場合、正規価格は$999(税別)
しかし、初めてMacのパソコンを使ってみた私が感じたことは、とにかく機能性や使いやすさが抜群に良いと言うこと。
また、アメリカでMacのパソコンを購入する場合でも、アメリカ版のパソコンって英語での設定にイライラしたりするんですよね。でも、Macならその心配は無用。

 

パソコンを立ち上げた瞬間から、日本語が選択できるのでもう本当に安心でした。
お値段以上とは、このパソコンのこと!!

 

MacBook Air2020モデルUS版

 

「AppleCare➕Plan」の値段が高い
保証期間を延長するプランの「AppleCare➕Plan」の値段の高さがネックで、加入を敬遠してしまいがち
また、商品購入後日本は30日以内に、アメリカは60日以内に加入するかどうかを決めなければらならないのだ。
もともとMac製品の全てに、1年間のハードウェア製品限定保証と、90日間の無償テクニカルサポートが付いている。
さらにこの「AppleCare➕Plan」を付けると、サポートが購入日から3年間に延長されると言うもの。
ただ、そのお値段はMacBook Airの場合、¥23,800もするのです

 

そりゃ、悩むよね〜。安いお値段じゃないんだもの。

 

まとめ:買ってよかった

やはりどんな商品にもメリットやデメリットはあります。

そこで、「何を優先したいのか?」を一番に選ぶことが後々パソコンに愛着が湧いてくるかどうかに繋がるかと思います。

 

私も、もしWindowsの製品に気に入ったデザインのパソコンがあればおそらくそちらを選んでいたかも知れません。

完全に見た目重視で選んだMacBook Airですが、もう一日中使っていても飽きないほど気に入っているくらいです(笑)

 

購入時に、横から知らない白人のおばさんに「Macのパソコンが一番よ〜。絶対Macにしときなさい!」って言われるほどでした。

やはり、Macは世界中で人気があるようです。

 

私のMac、これからどうぞよろしくです。

 

 

今日は以上です。

お読みいただきありがとうございます。

マックブック
最新情報をチェックしよう!